So-net無料ブログ作成
検索選択

OLDCODEX "FIXED ENGINE 広島&山口” レポ① [鈴木達央&OCD]

本日はコンディショングリーン。

帰ってまいりました、広島&山口のホール公演プチ遠征から。
もうみなさん知ってると思いますが…
YORKE.が、、、山口公演で救急搬送されるっていう衝撃の事態が(>_<)
ほんとにね、アンコール前まですっごーく楽しくて、みんながハイテンションで、
それはたぶんタツもYORKE.もオーディエンスもそうだったと思う。
めちゃ楽しかったんだよ、本当に、あの瞬間まで。

その日、私の席は下手側の前方列で、目の前の出来事だったから、
YORKE.が無事って分かるまで気が気じゃなかったし、
涙出たし、楽しい時間がどっか浮いちゃった感じもしたし、
タツがひとりステージ上で話す姿を見たら励ましたくなったし、
どうしてこんなことになっちゃったんだろうって、
こんな事態に遭遇しちゃったんだろうって考えたし。

でも!無事で良かった、本当に!!
タツの腕が治ったと思ったら、りょうさんも親指ケガしたり…、
もうねー、OLDCODEXのメンバーはみんな心配かけ過ぎなんだから!!

というわけで、OLDCODEX初だというホール公演in広島の様子からレポします。
あいまいな脳内記憶の内容でもいいよって方のみ、どうぞーー。

記念すべき初ホール公演は…なんとー1階最後尾!本当です、はあ。
東京初日も立ち見だったしね、最後尾に縁がある!
(Zepp DiverCity にも両日参加したんですが、レポ書けずじまい…汗)
でも大丈夫、ドームやアリーナに慣れている身としては、
最後尾っていってもライブハウスとかホールとかの距離なら問題ナシ。
実際に近くには感じられないんだけど(笑)、
ステージのめちゃカッコいい演出を見つつ、本人たちも見ることができて、
たとえ最後尾列でも、めっちゃ楽しかったでした(^o^)丿

ほら、私はライブハウスよりホールとかのが慣れてるから、
パフォーマンスする方として、会場の形態で違うこともないんだろうって、
勝手に思い込んでいたんだけど、
ホールに対する不安があったなんていう発言聞いて、びっくりして。
「みんなの声が上から降ってくる感じ」ってタツが表現してて、
確かにホールって音の反響が違うよなーって。
最後列だったけど、オーディエンスの声が後ろからも聞こえる?
って何度もそんな気がしたし。

たぶんタツは想像以上にホールってことに気負ってたのかもね、
MCとか仕切りにキレがない感じで、自分でも、今日俺ダメだわって言ってたし。
お前らが楽しそうで良かったって言ったりもしてて、
会場出るときは笑顔にしてやりたいっていつも言ってくれてるし、
よっぽど私たちの反応を気にかけてくれてたんだーって伝わってきて、
いやほんと、大事にされてるなって、ジン…ときたりして。
YORKE.にもそれが伝わってるのかどうなのか、
今日は俺たち緊張してるのかもねってトークも若干ぐたぐたな感じに…
(いやYORKE.はいつものことだけど)

そんな中でタツは広島での思い出を語ってくれて。
まだ無名の時分、イベントのお仕事で来た際に、
なんか知らないけど面白そうって集まってきてくれた人たちがいて、
受け入れてくれるっていう好印象を持っているんだとか。
だから俺は人として広島が好きだーって叫びつつも、
ただ口悪いよね?ってみんなに確認しちゃうという…

あと、パンフにあるとおり、料理始めましたっていうことも話してくれて、
野菜を炒めつけたり(←まるで敵だな)、時々煮込んだりもしているらしく、
オレ隙がなくなってきた…って呟いてたのがかわいい。マジで。
(あーホントにもう、早く嫁を見つけてくれたらいいのに!心配でならない。)
そんで玄米に変えたらすごく大きいのが出るようになったって、
話題が下なネタ方向へ…このあたり、ほんとテンパってたと思われる。

あと、生声対決もしてたな(笑)
YORKE.に張り合おうとしてオフマイクで叫ぶタツ、
でもほら、私は1階最後尾列だからね!聞こえたけど聞こえづらかった!

YORKE.がメインでペイントしていく演出があるんだけど、
ステージ上にOLDCODEXと書かれた幕が置かれて、
(これは上からだったから良く見えたけど、フロアからは最初分からんかも)
YORKE.がその上にペンキを垂らしたりして、
それを毎公演、武道館を目指して色を重ねていくっていうコンセプト。
このあたり、曲にあわせて幕が徐々に上がっていくんだけど、
蛍光塗料が光ったりして、照明とかすごいカッコいいんだよ!
なんかねー、山口でタツも言ってたけど、
今のデジタルの時代に反してるけど、この手作り感がすごく好き。

今回のセットも今まで私が見てきた中で(と言ってもサイロアからだけど)、
いちばんかっこいいと思う。そのくらい好き。
グッズのgのデザイン文字もお気に入りで、
ペンダントを先行通販で買ったんだけど、
デザインがかわいくてしょうがなくて、
ライブハウスじゃないホールだからアクセもOKだしって、
ライブにつけていって、ブンブン振り回してる(^o^)丿
軽い素材だから邪魔にならないのも良い!!

でもねーー、セットのギアがOCDって形になってるって、
言われるまで気づかなかった(>_<)
同じく気が付かなかったオーディエンスが多かったらしく、
オレはすぐ分かった、オレの方がOCD愛は深いなー、
ってタツが言ったのを受けて、
オレへの愛でしょ?って突っ込むYORKE.。
たまに鋭いよ、YORKE.、その通りだと思う!!

私ははっきり書いてしまうとタツのファンであって、
タツが愛を注いでいるからYORKE.を応援してる。
だから、YORKE.の書く歌詞や描くものすべてをYesと感じてないし、
私的に受け入れ難いものもあったりする。
でも「AchingHorns」のジャケットみたいに大好きなデザインもあって、
めっちゃかっこいい…と心動かされるのもいっぱいある。
YORKE.への愛はそんな感じだから、タツの深さには適わないっていうか、
そこは他の誰も適わないんじゃない、たぶん(笑)

あとね、アンコールで「kick out」やったっていうね!
ステージに4人上げたんだけど、そのひとらはダンサーズになって、
歌は2階席全員で歌え―!ってなって、大盛り上がり(^o^)丿
しっかり聞こえてましたよーーいやー楽しかったな!
お隣との距離がある分、踊りまくりの跳ねまくりが思いっきりできた気もする!
あのライブハウスのゼロ距離な一体感も凄いけどね、
ホールでも十分に楽しかったーー!ほんとありがとーー!

そんな感じで大盛況なホール公演初日。
分かりますか、この1階最後尾からの距離感。

OCD 広島.jpg









そして、ステージ近くに寄ってみました!
いいな、やっぱりこの近さは羨ましいーっ。
良くみたら、ライブハウスとセットの組み方が違ってた。
中央の小さなキャンバスが、公演中は左右に分かれてんだけど、
終わりには一つになって、共同作業でOLDCODEXの字を入れて完成。

OCD広島2.jpg









泣けてくる演出。くすん…。

そんな感じで、ホールとかライブハウスとか関係なく、
OLDCODEXのライブはやっぱり楽しかったでしたヽ(^o^)丿

ーー次回へ続く。

タグ:OCD
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。