So-net無料ブログ作成
検索選択

OLDCODEX "FIXED ENGINE 石川” レポ。 [鈴木達央&OCD]

本日はコンディショングリーン。

ただいまです!金沢から帰ってきております!
いやー、鹿児島からは実に遠かった石川県…、
そして想像以上に寒かった!
メインはライブだから滞在時間はあまり取れなかったけど、
片津山温泉入ったり兼六園や近江市場見たりして、満喫してきました♪

というわけで、サクッと石川レポ書いておきますね。
いつものごとく、私の脳内にある限りのことだから、
あいまいな表現でもOKという方のみ以下へどうぞーー。

というかね、まずね、YORKE.、無事に帰ってきてくれたーー(^o^)/
ほんと良かったーー!
そしてね、「FIXED ENGINE」の絵の前に立つYORKE.の姿を、
山口公演に集ったみんなに見せてあげたかった!!
泣かずにはいられなかった、なんかもう。
ほんと、反則だよ、いや、これがYORKE.の持つしなやかさだと思う!
お帰り、YORKE.!

今回の会場、本多の森ホール。もちろん初めての会場。
日が暮れるのが早くなっちゃってて、
開場する時間にはすっかり暗くなっていました。

石川2.jpg









この会場はすり鉢状になっているらしく、
わりと後方の席だったこともあり、めっちゃステージがクリアに見えて。
(その分、距離があって遠かったとも言う…)
「Dried Up Youthful Fame」のときとかね、
最後のみんなの声がすごく響いて聞こえてキレイだったーー!
でもね、後方は傾斜があり過ぎて、
折り畳む時に前の席の背もたれさえ掴めないという…(汗)

それで、タツからYORKE.です、ギブス姿ですっていう紹介があって。
そう、福岡公演は飛ばされたけど、
その後から復活して上海でもちゃんとライブやれてたというYORKE.!
実際にその姿を見るまではどんな具合なんだろう…
って不安もあったんだけど、ステージ上のYORKE.は、
いつものように自分で歩いて両方のカンバスに絵を描いていて。
腕には包帯、脚にはギブス、肋骨のサポーターとか、
多少痛々しい様子だったけど、いたって元気そうで本当にほっとして。

メンバー紹介になって、YORKE.の番がきて。
日本でのライブ復帰後の第一声!ってことで、
タツもりょうさんとかもドルルルーってドラムロールで盛り上げてくれて、
ようやく発した言葉が「まぁそんな感じで…」って…!?
ハードルあげるから~とかなんとか言って、
ああ、いつものYORKE.だなって、そのしゃべりを聞いて安心したというか(笑)

そこでは転落したときのことをけっこう話してくれてて、
ステージから落ちたのも初めてだし気を失ったのも初めてで、
YORKE.って呼ぶみんなの声が聞こえてたとか。
ただみんなに少しでも近づきたくて足元を良く見てなかった、
もう落ちたくない、ケガしたくない!だとか。
ホールがまた久しぶりでステージのスピーカー上に乗るのも怖かった、
でもステージでの不安はステージでしかなくすことはできないと思うから、とか。
気が付いたとき、オーディエンスに「支えられなくてごめんね」って、
言われたときの顔忘れられないんだとか。
飛ばした福岡もちゃんとやるし、また石川にも来るって言ってくれて。

それで、ファンからもらった折鶴を同行させているらしく、
みんなで一緒に飛んで行けるようにーーってYORKE.が言うもんだから、
飛んでいくとか、それダメなやつって感じで、
お前、言葉のチョイスがあれだね?ってタツもオーディエンスも大爆笑~
だってそれ、今のYORKE.にはめっちゃNGワードじゃない(>_<)

タツに言わせると、会場からYORKE.への励ましとかの声がいっぱい飛んでいて、
それで照れてるんじゃないかってことらしいんだけど。
俺、感動してる…、なんて言ったらいいのかなーーー、ほんとありがと。
って、すごくYORKE.らしい言葉で、気持ち伝えてくれて。

それから、タツもこういう場所だからちゃんと言っとくけどって、
YORKE.転落の時のことを話してくれて。
ほんといろいろ考えた、YORKE.の目が覚めるまで気が気じゃなくて、
起きろ――起きろーーお前が起きなきゃ誰が俺の隣で絵を描くんだ?
ってずっと唱えてたらしい。
あの時のYORKE.の顔が頭から離れなくて、
気が付いたって聞いてホッとして安心したって。

そうだよね、あの時に現場にいて実際に見てたから、
あの会場内にいた誰よりもタツが動揺してたはずなのに、
みんなを落ち着かせるために、すごい頑張ってたのを知ってる。
すごく優しかったし、男前だった!!
そしてこういうことちゃんと話してくれたのも嬉しかった!

まだまだ足りないかもしれないけど、
好きなバンドは「OCD」と自信もって言えるようなバンドになるからって、
何度か口にしていたタツ。
確かにね、鹿児島とかの地方に住む私の周りでは、
「OLDCODEX」って言って、私も好き(というか知ってる)と言ってくれたのは、
今まで姪っ子ただひとりっていうのが現状で。
いつか鹿児島でライブを!っていうのが私の野望なんだけど、
(沖縄でやったんだから鹿児島でやれないはずないモン)
OLDCODEXを好きだという気持ちには自信ある!

次のツアーこそは鹿児島で!ってその前に、
九州で唯一の福岡公演はいつになるのか…はよーーー!

あと、VAMPS HALLOWEEN PARTY 2016の出演時の話もあり。
サーヴァンプな二人の写真が公開されてたけど、
YORKE.のクロ姿、めっちゃ似合ってるー!
あの細見な感じとかがさ…クオリティ高い…

そんで、YORKE.はクイズコーナーに出演したらしいんだけど、
オレ答える自信あったっていうわりに、
全く一言も発することなく終わってしまったらしい…
ほんとに全然分かんなかったっていうYORKE.、
お前、分かんないことがあるとオレ見て助け求めるよなってタツに言われる始末。
その、YORKE.の自信とやらはどこから沸くんだろうね…

この時の仮装姿のリツイートが凄かったらしく、
タツはこんなんでお前らチョロイなーーって、
さらには、でも生の俺らの方がカッコいいだろ?って。
二人が中央に寄ったもんだからオーディエンスがきゃーとなって、
ひとりの時は言われねーのに二人になると騒ぐのなって。
なんだか石川公演では、今までより二人がじゃれ合って(!?)歌う姿が、
多かったような気がするのは、気のせいってことにしとこう。

上海のステージでは、病み上がりだというのにYORKE.が頭振っていたらしく、
タツは脳震盪起こしたやつが、頭振って大丈夫か?って思ったらしい。
後で痛そうに肋骨押さえているのを見て、痛むんならやんなきゃいいいのにって、
無茶するYORKE.を心配しているタツがね、いいよね。

アンコールの最後には、肋骨のサポーターをポイって投げて外しちゃうYORKE.に、
お前、明日どうなっても知らねーぞ?って止めとけって言いたげなタツだったけど、
意志の固さを見てとったのか、死なば諸共っていうしな、
一緒に天国に行こうぜーーって始まったのは「HEAVEN」!
YORKE.への心配にタツの本気が見えてめっちゃ萌えた!!
(そこか?)

あと、ステージのセットにも触れていて、
ライブハウスとホールじゃセット変えてるって話から、
OCDになってるの分かる?ってタツが問いかけてくれるも、
オーディエンスの反応はイマイチで。
(私は知ってたから、分かるよー!ってアピールはしたけど)
みんな分かってないっぽい…って少しだけ残念そうなタツ。
そしてさらに残念だったのは、「WALK」でこの歯車が回っているのを、
5公演目にして初めて気が付いた私自身…!
もうね、本編後半になると、曲にあわせて踊ったりするのに忙しくて、
セットとか注視できないというか、してなかったことが判明…(汗)

順番はいろいろと前後してますが。
本編終了して、さすがに袖の部分には来なかったなーって思ってて。
アンコールの掛け声でオーディエンスが「OCD!」って叫ぶのだけど、
私が参加する公演はいっつも笑っちゃうくらいバラバラだったのにね、
なぜか今回は息ピッタリのOCDコールが!
そしてメンバーが再登場して、あと3曲で終わりだから!ってタツが言って。
私はえっ、アンコールって2曲じゃないの?ってビックリしてたら…
始まったのは「Stargazer」!
そしてね、YORKE.がステージ下手のFixed Engineの絵の前に立ってくれて!

その姿を見た瞬間、ええーーーっ!よーーくーー!ってなって(>_<)
だってもう、そういうの反則でしょ?泣いちゃうでしょーー?
YORKE.はちゃんと笑顔で、オーディエンスに手を振ってくれていて、
みんなも踊ったり跳ねたりしていたんだけどーー、私には無理だった。
山口でのいろんな映像や想いがぶわーっと一気に溢れてきて、
その曲の間ずっと泣いてしまって…、もう、だめだった、ほんとに。

YORKE.のたっての願いだったという、アンコール1曲目の「Stargazer」。
ステージの上で不安はステージで解消するしかないっていう、
YORKE.のしなやかな強さをみた気がして、それが胸にぐっと響いて。

曲終わりには、YORKE.、タツ、サポメンのみんなが、
良かったーーって感じで集まって肩組んでて。
YORKE.があの場所に立ってちゃんと曲を終われたってことが、
OLDCODEXというバンドにとってひとつ山超えたって感じだったんだよね。
あのアクシデントを超えて、またひとつ先へ。

あと、最初にも書いたんだけど、
「FIXED ENGINE」の絵の前に立つYORKE.の姿を、
山口に集ったオーディエンスみんなに見せてあげたかった!
あの空間を共有したひとにしか分からないものもあると思うから、
きっとまた山口でもライブやって欲しい。
YORKE.の元気な姿をみんなに見せて、安心させてあげて欲しい。
そして今度こそ、扉を開けて帰るときはみんなを笑顔にさせて欲しい。

私もこんなことになるなんて知らずに、
広島&山口、福岡(飛ばされてるけど)、石川ってチケット買ってて、
アクシデントに遭い、でも無事に復帰した姿を見ることができて。
なんの巡り合わせかって思うけど、
山口のみんなに今日のYORKE.を知って欲しいって思うから、
こうやってレポ書いたりしてる。

アンコール1曲目は泣きっぱなしでダメだったんだけど、
2曲目の「kick out」では、タツとYORKE.がフロアに降りてくれて、
通路移動しながら歌ってくれて、最後尾まで行ったりしてくれて、
会場内は一気に熱量が上がった感じで大盛り上がり!
私もやっとまた踊って跳ねてってテンションに戻ることが出来て、
触れる距離じゃなかったけれど、めちゃ近くに来てくれて大興奮!!
アンコール終わりには、すっかり頭空っぽの笑顔になってたと思うーー(^o^)丿

そして石川での終わりの絵はこれ。
さりげなく、両端には帽子とパーカーが掛けられてて、
山口では描かれなかったOLDCODEXの文字が!!

石川1.jpg









ほんと、ちゃんと戻ってこれて良かった!
公演中、何度もありがとうって口にしてくれたYORKE.。
扉を開けて帰るときには笑顔にしてやりたいと言うタツ、
そして最後、まだ言ってなかったことがあったって、
「ただいまーー!また来るからなー!」ってマイクなしで叫んでくれて、
OLDCODEX、サポメン、オールスタッフ、そしてオーディエンス、
みんなの暖かい気持ちっていうのかな、YORKE.を想う気持ち、
そういうのに包まれた最高のライブでした☆

ほんと、こちらこそ楽しい時間をありがとうって言いたいです。
遠かったけれど、金沢まで行った甲斐のあったライブでしたヽ(^o^)丿
願わくば、また山口の地でみんなと集えますように。
そして福岡公演が早く実現しますよーに。
チームOLDCODEXが今後、怪我を増やすことなく、
このツアーを無事に終えることができますよーに、祈っています☆

とういわけで、石川公演のレポでした!


タグ:OCD
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。