So-net無料ブログ作成
アニメとかマンガとか ブログトップ
前の1件 | -

超歌劇☆幕末Rock黒船来航!〈後編〉 [アニメとかマンガとか]

本日はコンディショングリーン!

ポチポチとレポ書いてますが、
そのうちに記事に写真差し込みたいなー。
いつの間にか写真がアップされるかもです。がんばらねば!

では黒船来航、最後のレポどうぞーー。

京都でのチケットをリピーター先行とDVD先行で当選して確保してから、
ずーっとライビュがあったら博多まで行こうって思っていて、
(再演の時のライビュ、九州は博多だけだった)
だけどいつまでたっても告知ないから、ないのかなーってあきらめかけてて。
それから実際に京都で2公演見てしまって、すごい楽しくて、
まだ見たいのに!って気持ちを抱えてたんだけど。

そしたらふいに、え、もしかして私、東京に見に行ったらいいんじゃ…?
とかいう悪魔…いや天使のささやきが降りてきちゃったんですよね、
行先を福岡から東京へ変えるだけじゃん!って。
(だけ、という問題じゃないんだが…)
そう思い立ったら即行動、飛行機&ホテルを手配、
某所でチケットをなんとか入手できまして、、、
東京楽日の2公演参加できたっていう、幸せ者の私です。

東京はお仕事に行く時間より早起きして、早朝出発。
もうねー移動でゆっくりお昼食べる暇もなく、
キャリーバックを六本木のロッカーに置いてやっと会場入り。
のぼり旗を眺めつつ、階段上って息を切らしつつ入り、
3回目リピーター特典もらってやっと一息、
途中で買ったパンを半分くらいかじったらもう開演!

昼公演が終わって次までに少し時間あると思って、
ホテルに帰って何か食べて休憩しよう~とのんきに構えていたら、
ロッカーの荷物回収するのに迷子になってしまい…(汗)、
ムダな体力使いまくりで、もう六本木やだーー!って泣きそうに。
やっと着いたホテルで、テイクアウトしたご飯を半分だけ食べて、
(寝ようと思ってたけど全くそんな時間なかった!)
またすぐに会場へ赴いて。
でも今回は荷物もないからスムーズに到着できたんだけど、
正直、着席したときはヘトヘトになってたというね…

そしたら、なんとお隣には私よりも随分と年上と思しきご夫婦が。
京都2回目にお隣が若い男の子だったのにもビックリしたけど、
まーねー、お隣のご主人はね、せっかくの千秋楽なのに~、
ペンライトもナシだし、途中に寝てたからね!コラーー!
奥様の方がペンライト2本持ちしてて赤と紫だったから、
連れてこられたんだろうけどもーーはあ…って感じで。
その代わりに逆のお隣は、まー拍手もめいっぱいだし、
声援もめっちゃ大きくて、、、足して割ってくれよと思ったり(笑)

それで、スペシャルカーテンコールがどうだったかというと。
とりあえずの幕が降りて、準備のための時間があるとかで、
お登勢さんと勝先生が登場。
お登勢さんのスケスケソング(←勝手に命名)、
すっごく笑かしてもらいましたー!これが上手いんだもん!
「スケていこう」ていう替え歌しかもう覚えてないんだけど…
毎回違ったのやってて、お客さんの圧がけっこうすごくて、
上手く歌えなかったのーって言ってて。
圧がすごいって、幕末Rockのお客さんてば、もう!
いやその雰囲気なんだか分かるけどーー私も馴染みのある感じ(笑)

勝先生は自己紹介ソングのとき、最後の名前をみんなに言わせるようになってて、
どうやら裏で、みんな言ってくれるかな?って心配していたらしく。
お登勢さんは、私たちお客さんを甘く見てるわよってアドバイスしてたみたい、
そりゃそーだよ、言わないわけないからね!
やっぱり勝先生はいいひとだーー!
そしてついにはこのふたり、パパとママって呼ばれちゃうというね…
お登勢ママと勝パパとか、、、ほんっと制作側に負けてないよね、
私たちのネーミングセンス(笑)

そしてーー、ついに登場したのは龍馬と上さま、それも浴衣姿で!!
龍馬ーー、浴衣姿がもうめっちゃかわいいのーー!やばいよ!
上さまも衣装が軽いの~って白い浴衣姿で、綿あめ持ってかわゆい!
この二人が登場したってことはーー、アンコール曲は「絶頂SPIRAL」で!
みんな総立ちになってペンライト振りまくりの歌いまくりの、
めっちゃ楽しい「絶頂SPIRAL」!
(そーいや、龍馬がペンライト2本持って、めっちゃキレキレのオタ芸してたのは、
このアンコール時だったのかな…うろ覚え・汗)

それから超魂團のみんなと直弼とジュニアも浴衣姿で出てきて、
客席に降りてきてくれてハイタッチできちゃうというね!
それが、龍馬と上さまは降りてくれなくてステージ上にずーっといたので、
私は龍馬ばかり見てたんだけど…
龍馬以外の超魂團は2階席に上がってくれたみたいで、
頭上からキャイキャイする声が聞こえてました!
いやーみんな浴衣姿、めっちゃカッコいい!
ジュニアの米国旗デザインのとか、総司の薄紫と白のストライプのとか、
キュンとなったよ、めっちゃヤバかった…マジで。
浴衣姿の新しい衣装があるってことで、
雷舞やりたいよねーーっていうような発言もあって、
みんなの想いがマベに届くように、めいっぱい声張ったりして!

今回の黒船来航、アンサンブルズもさー、新選組ぽいのに加えて、
セーラー姿の時もあって、船員さん萌えな私としては、それだけでキュンとなったり。
日米の旗の対比とか好きだったなー。
ストーリー的には、初見のときはけっこう話を追うので精いっぱいな感じがあって、
(というか、龍馬を見るので忙しかったつーか?)
長州組が途中で元気なくしちゃうのが、
ウルトラソウルを奪われたからっていう設定を、
東京で見るまで気づいていなかったという…!
ウルトラソウルを返してもらうシーンでやっと気づくとか…私くらいか(汗)

あと、アンコールの挨拶で、龍馬が今回は”初心に帰る”をテーマとしていたって言っていて、
ああそうかーって言われて初めて気が付いて。
龍馬が解散したくないってみんなを説得するシーンでは、
もじゃもじゃの先生にもらったギターを嬉しそうに抱いていたり。
総司が新選組の仕事でしょって言って黒船探索したりだとか。
センセーとシンディのウルトラソウルがなくたって出来ます!って元気に演奏したりだとか、
歳三(いや、誠仮面か)の特訓も新選組時代の初心に帰るってことだろうし、
ジュニアもね、また一から自分の歌をやり直すっていう結末だし。
初演、再演、そして初心に戻ってもう一度。
こういうとこね、良知龍馬の好きなところ!!
良知龍馬のひっぱるこの幕末Rockっていう作品の好きなところ!

スペシャルアンコールで、他メンバーがいっこうに戻って来ずに、
上さまも段取りが違うよーとか言っちゃうし、よく分からんことになって(笑)、
それが生の舞台だし、幕末Rockっていう作品だしって龍馬は締めてだけど。
ほんとにね、許されちゃうのが幕末Rockだし、
許してしまうのが、ここに集っている私たちの特長なのかも!(え?)
アニメも声優キャストによる雷舞もニコ動の特番だってこんなノリだし、
(といったら怒るひともいるかもしれないけど…)
こーいう作品だから、いつまでも追いかけているんだと思う(^o^)丿

最後の最後、幕が降りても鳴りやまない拍手、
アナウンスも流れたし、どうかなーと思いつつも拍手してたら、
龍馬がひとりで出てきてくれて。
BGMで流れていた「What’s this?」にあわせて軽く歌いだすもんだから、
私たちも合わせて歌いだしちゃって…
字幕もないのにみんな歌詞がすらすら出てきてて、愛を感じる!
龍馬が指揮取ってしめてくれて、なんか幸せな時間だったなーー、本当に。

あーもう、キャストのみなさん、スタッフさん、制作に関わったすべてのみなさま、
至福の時間をありがとうございましたーー!
ぜひ雷舞の実現を!心から待ってます。
そして再演もーーあったら絶対行くのでよろしくお願いします。
とりあえずは12月のBDで、舞台&楽屋裏とかの映像を楽しみにしたいと思います。
これからも!幕末Rockっていう作品を応援していきます!
ずーっと続いてきますよーーに☆

タグ:幕末Rock
前の1件 | - アニメとかマンガとか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。