So-net無料ブログ作成
検索選択
TINY DROPS ブログトップ
前の1件 | -

希望の光が灯り続けますように。 [TINY DROPS]

本日はコンディショングリーン,時々イエロー

いけないです,時々ヘンなスイッチが入ります。
録画しっぱなしで長いこと見ていなかった,
アニメ「宇宙兄弟」をまとめて見ていたんですけど。
ちょうど日々人が危ないーって回のあたりで,
なんかもう,死を覚悟するシーンとかがあってですねー。
ひとは覚悟したら何を思うんだろうかって想像したら,
頭抱えてしまうほどの泣きスイッチが入ってしまって!ふう。
「宇宙兄弟」はアニメだけ見てて原作読んでないんですけど,
きっと日々人は助かるはず~と思って見ていながら,
助かるまでテレビの前で鼓動が早まってました(汗)

私,家族がケガしたって聞いて,駆け付けたときにはもう心肺停止状態で,
全く会話も出来なかったんですよね。
聞いたところによると,事故当時は痛いって言ってたらしくて…
そんなことを呟きながら逝ってしまったんだと考えたら,
どうしてこんなことになってしまったのかと,思わずにいられないです。

誰もがみんな最後にはいなくなってしまうんだから,
その数だけの最後の瞬間があるはずで。
自然災害で避けようのないこともあるし,
長いこと病床で闘いつづけることもあるでしょうし,
多くの人たちが辛く苦しい思いを経験してるんでしょうけど…
その時間にそばにいてあげられなかったのがとても哀しくて。
あー書いてたらまた泣けてきましたー。

このところどうも,何がしたいとかこれ見たいとか,
生きているうちにこれだけはしておきたいって強く思うことが,
なくなってるような気がするんです。
何を考えても,別にそこまで執着するようなことでもないとか,
それやれなくて人生終えてしまっても後悔しないだろうなーとか。
もう,自分の為だけでは生きられなくなっているのかも…
とか考えてしまいました。

誰かの為になら生きていける―,
ひとってそういう時期があるのかもしれません。
有用であることを求められる時期もあれば,
ひたすらに自分の欲を求めて走る時期もあれば,
ただ生きてそこにいるだけでいいっていう時期もあるんでしょう。
仕事はちゃんとやるって姿勢で取り組んでいるつもりですけど,
一番じゃないんです,もっと大事なことのために,
今の仕事を失ってもいいという思いです。
かけがえのない誰かのために,
この身と時間を捧げたいって感じでしょうか。

ただ,そこに集中してしまったら,
ある意味,かなり危険な状態ですよね~
失った場合の深手は表現しようもないほど辛いのは当然なんですけど,
生きている相手にそれが”はた迷惑”と言われたりしたら,
相当の傷を負うに違いないです,
自分はいらないって言われているようなもんですし。

―というか,最近,それに近いことを言われて,すごくそれが悲しくて。
最初はどうしてこんなに涙が出るんだろうって分からなかったんですけど,
ああ,これって自分はいらないって言われて傷ついているんだ,
だから悲しくて泣いてしまうのかって,あとから気づいたという…
その時,どれだけテンパってたのかってことですけど(笑)
言った相手も精神的に不安定になってたことは分かってますし,
そんなこと言われて,泣いたあとは怒りが沸いてきて,
もう知らない,放っておこう!って突き放すことを考えても。
心配しないではいられないし,想わずにいられないんだから,
情というのは,時に凄く厄介だなーと思ったりして。

仕事に関しては,家族を失って,茫然となりながらも,
職場に足を運んで仕事して,何事もなかったような調子で進んだりすることに,
助けられた部分があったと思うんです。
もちろん当時は気持ち的にかなりきつかったですけど,
現実に引き戻してくれる一つの要素だったと,
今になってそれは良かったのかなと思えたりして。

一方で,時間が経つにつれて,
何かをしたいって思うことが増えてきたのも事実です。
法事で節目を迎えても,その日を過ぎたからといって,
気持ちに変化が起こったりはしないんですけど。
たとえばコーヒーがおいしいだとか,
稲葉さんにやっぱり会いたいなーと思ったりだとか,
日々の楽しみというものに気づくようになると,
ああ,ひとってこういうふうに回復していくんだなあと,感じました。
すごくゆっくりで少しずつですけど…
こうやって文章に書けるようになるだけでも,
自分的には確実に癒えてきているって感じます。

生きることをあきらめないようにって,
このブログにも(主にメンタルヘルスの部分で)書いてきました。
生きていれば,思いもよらないことが起こりうると,
私が自分自身で実際に体感してきたからです。
ふうー,今また,自分に言い聞かす時期が来ようとは!って感じですけど,
うっかり自暴自棄になりそうな自分への戒めに,
ちゃんと書いておこうと思います。

あなたも私も生きているのだから,生きることをあきらめないで。
今は泣いてもいい,悲嘆に暮れてもいい,
でも生きることをあきらめないで,未来を生きて。
あなたのために,自分自身のために,
希望の光が灯り続けますように,祈ります。

前の1件 | - TINY DROPS ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。